top of page

Early Kids
Creative Program

アーリーキッズ

クリエイティブプログラムは

2歳から6歳の創造性開発

オンラインプログラムです

家庭で実践できる積木の遊び方を

もっと知りたい・・・
子どもの個性の伸ばし方を

知りたい・・・
これからの時代に必要な力を

育てたい・・・

このような願いを持つご家庭のために
昨年の2022年7月から始まりました

当プログラムでは、
それぞれのお子さんの遊びの
タイプに合った環境設定や遊び方、
精神的な関わり(アタッチメント)

を学びます

そして、お子さんの日常の中で
積木遊びが主役になっていく事を
1年間の実践によって定着させていきます

アーリーキッズメール添付用写真.JPG

ポイントは?

◇ 遊びやすい環境設定

◇ 大人の適切な遊びの関わり方

◇ お子さんの遊びのタイプに合った

   積木遊びの展開方法

積木遊びを楽しみながら

お子さんの個性と創造力を伸ばすことは

決して難しくありません

創造的な遊びを実践する

仲間とのつながりを

LINEを使用して情報共有することで

豊かなオンラインコミュニティが

生まれています

​参加者の声  

おおたさん4.jpg

1期メンバー

Yoshie.Ota

バリで2週間、先生たちと過ごす時間は、とても貴重でもあり、安心感があり、ライブ講義で話されていたような仲間というか家族のような感覚で過ごせて、非常に心地よい時間でした。


教育観というのは、人生観とも直結すると感じています。
コミュニティの思想があるからこそ、発展していく素晴らしさをアーリーの皆様と体感でき、子育てに向き合えている事、教育の軸をアーリーで学べたからこそ、バリでも似たような価値観、もっと多様的ですが、愉快な仲間と出会えることが出来ています。

自分らしさを探求していくには、人との違いがあるからこそ気付き、だけど、人と比べると自分を見失います。
そもそも、自分らしさというのは在るけど、磨かなければ無いもので、意識して創造するからこそ、人格形成ができていくので、創造教育を一生実践する必要があると解釈しています。


言いたいことは、ひとりでは自分らしさは見つけられないから、普遍的なものを追い求められる思想のコミュニティでの子育てが必要だと思っています。


なので子育てというのは、家族単位で学んでいく事も重要ですが、仲間の存在も重要であるからこそ、価値観が似ているファミリーは貴重で、一緒に成長していける喜びを日々感じています。 

りもなちゃん3枚画像.jpg
たけださん3枚画像.jpg
たけださん.jpg

1期メンバー

Maiko.Takeda  

子ども達とたくさん遊びの時を重ねてこられた先生方から、具体的な積木遊びの提案や息子の個性に寄り添ったアタッチメントのアドバイスをいただき、一年間のサポートを通して子どもを信頼し見守ることの大切さを学びました。

プログラムに参加されたメンバーの皆さんと様々な遊びを共有できたことも「これ面白そう!やってみよう!」と親子共に大いに刺激を受け遊びの幅が広がりました。また、子どもとの暮らしの中で出てくる悩みや迷い、成長の喜びなども先生方や皆さんと良い影響を受けあいながら、自分自身ともしっかり向き合うことができたと感じています。

遊びもアタッチメントも試行錯誤しながらでしたが、回を重ねるたびに心がシンプルに軽やかになり、息子を見る視点が変わり、これからの子育ての自分軸が明確になった気がします。息子の感性豊かな個性も今まで以上に大好きになりました。

積木で遊んでいると子どものつくりだす世界の面白さや創造力に驚かされ、同じような遊びの繰り返しの中であっても小さな変化に気づき成長を感じます。何より息子とおしゃべりをしながら一緒に手を動かし遊ぶ時間こそが宝物なのだと感じるようになりました。我が家にとって積木とは親と子をつなぐ最高のコミュニケーションツールです。これからもリビングの一等席に積木を置いて息子が表現する世界を楽しんでいきたいです。 

講 師

勝田先生7230_edited.jpg

Kiyoshi Katsuta
勝田
プロフィール

1969年生まれ
株式会社遊ぼ 代表取締役

大学卒業論文「現代日本の幼児教育に関する研究〜創造性開発を中心に〜」執筆時における和久洋三氏との出会いによって、幼児教育をライフワークとする志が生まれる。

2002年 「和久洋三のわくわく創造アトリエ・覚王山プレイルーム」開設。
2005年 ㈱遊ぼ設立。
2013年 「プレスクールゆうぼ」開設。
2018年 WAKU METHOD認定により、「クリエイティブプレスクール覚王山」へ名称変更。
2022年 オンラインプログラム「Early Kids Creative Program」開設。

「個人の自由と社会の秩序に調和が生まれるために 子どもがやりたいことを見つけ やりとげる意欲と力が身につく環境をつくる」
をコンセプトに活動中。 

saesan_025_edited_edited.jpg

Sae Katsuta
​ 
プロフィール

1975年生まれ

夫・勝田潔の事業独立に伴い、

木のおもちゃ専門店ゆうぼの店長を務める。

乳幼児の発達や積木遊びを学び、アドラー心理学をベースに、子育てセミナーを開催。

ボーイズタウン・コモンセンスペアレンテングプログラム幼児版初級指導者修了アートセラピスト養成講座基礎コース修了。

2012年 

乳幼児の為の創造的な遊びの環境を作りたいと積木とアートを主活動とした「クリエイティブプレスクール覚王山」の開設に参加。

2021年

自然体験プログラムを通じて自然や地球とのつながりを取り戻す「Earth Friends」を主宰。

2022年

「Early Kids Creative Program」でアタッチメントを中心に担当。

​program

アーリー小5.jpg

​お問合せは下のフォームからお願いします

CONTACT US

送信ありがとうございました

bottom of page